労基(労働基準監督署)ってなに?

労基(労働基準監督署)とは?

労働条件の確保や改善指導などをする機関

労基(労働基準監督署)とは,法律に基づき,労働条件の確保や改善指導,安全衛生の指導,労災保険の給付などを行う機関です。

現在,321署(+4支署)が配置されていて,各都道府県の労働局によって管轄されています。

労基(労働基準監督署)のおもな業務

労基(労働基準監督署)は,会社がきちんと法律を守っているかどうかを調査する権限を持っていて,守られていなければ,指導をし,それでも改善されていなかったり,悪質だと判断した場合は,送検することもできます。

労基(労働基準監督署)の業務は以下です。

  • 事業に対する臨検監督指導(立ち入り調査)
  • 労働の原因調査と,再発防止対策の指導
  • 渋滞な法律違反に対する送検処分
  • 使用者に対する説明会の開催
  • 申告,相談への対応

労基(労働基準監督署)の調査の内容

労基(労働基準監督局)の調査は,以下の4種類に分類されます。

定期監督

労基局が任意に調査する先を選択し,法令全般を守れているかどうかを調査します。予告なしに調査に入るのが原則です。

定期監督は,どのような基準で調査対象の企業を選ぶかは,毎年4月に,厚生労働省のサイトで公開される「地方労働行政運営方針」で知ることができます。

災害時監督

労災(労働災害)が発生した際に,原因究明や再発防止の指導をするための調査です。

申告監督

その会社の社員から申告があった場合に,その申告の内容について確認するための調査です。申告監督の場合,誰からの申告であるかは明らかにせず,定期監督のように行うケースと,誰からの申告であるかを明かし,呼出状を出して呼び出すケースと,2通りのやり方があります。

申告監督では,社員からの申告を確認するだけではなく,定期監督と同様,全般について調査をし,申告内容以外にも違反が見つかれば,是正勧告をします。

再監督

監督の結果,是正勧告を受けた場合に,その違反が是正されたかを確認するためや,是正勧告を受けたにもかかわらず,約束の日までに是正報告書を提出しなかった場合に,再度調査を行うことをいいます。