労災の後遺障害等級認定のながれ

障害補償給付(障害給付)をもらうためには,後遺障害認定される必要があります。

症状固定まで治療を受ける

労災(労働災害)でけが等をした場合は,症状固定まで治療します。

症状固定した段階で,後遺障害があるかどうかによって,後遺障害認定されるかどうかが変わります。後遺障害が残っていたら,後遺障害の認定手続きを行います。

後遺障害の認定手続きの準備をする

症状固定したら,後遺障害の認定手続きの準備をします。

後遺障害の認定手続き

後遺障害診断書の作成は医師に依頼します。労災認定用の決まった書式があるので,それを入手し,医師に,労災の後遺障害認定用の診断書が必要である旨を伝え,作成してもらいましょう。

後遺障害診断書のほかに,症状や,治療の内容を示す資料(レントゲン写真や,検査結果 等)も入手しておきます。

労基(労働基準監督署)に申請する

認定手続きの資料が揃ったら,労基(労働基準監督署)に申請をします。申請書には,会社に記入してもらう欄がありますが,会社によっては,労災申請をすることに消極的・非協力的である場合があります。そのような場合は,その欄に「会社が協力してくれない」旨を自分で一筆書いたり,空欄のまま提出してしまって大丈夫です。

労基(労働基準監督署)の審査が行われる

労災の後遺障害認定の審査では,提出した書面をチェックされるだけでなく,面談 等も行われます。後遺障害を負った本人との面談のほかに,治療にあたった医師や,病院への確認,本人が勤務している会社への照会もあります。

後遺障害が認定され,後遺障害等級が決定する

後遺障害等級の認定が受けられるかどうか,受けられたとして,等級は何級になるのかー。それにより,もらえる金額が大きく変わってしまう場合もあります。
申請は,正確に,慎重に行う必要があります。労災の後遺障害認定の手続きに詳しい弁護士に依頼することをおすすめします。

後遺障害認定のポイント

労災の後遺障害の認定をもらうためには,以下の2点が必要です

  • 後遺障害の認定基準に合致していること
  • 労災による後遺障害であること

この2つの条件が揃っていないと,労災の後遺障害には認定されません。
後遺障害の認定基準に合致していても,それが労災による後遺障害であることを証明することができなければ,労災の後遺障害の認定はもらえないのです。

後遺障害等級の重要性

労災の後遺障害の認定は,等級により,もらえる金額が変わるため,等級がどれになるのかも,重要です。

後遺障害により,常時介護が必要な場合と,随時(いつも必要なわけではないが,しょっちゅう必要)な場合では,等級がかわり,もらえる金額も変わります。

等級認定にあたり,わずかな文言の違いや,状況の違いで,等級が変わったり,認定自体がもらえなかったりします。

後遺障害の認定や,後遺障害等級に納得いかない場合

審査請求

労災の後遺障害等級が認定されなかった場合・後遺障害等級に納得がいかない場合は,審査請求ができます。

審査請求は,労災保険給付の決定があったことを知った日の翌日から起算して3ヶ月以内にする必要があります。

審査請求をした結果,認定や,等級が変わる場合がありますが,最初の申請のときに出した資料だけでは,一度決まった認定や等級を覆すことは,できないと考えておいたほうが良いです。
審査の際には,申請のときには提出しなかった資料 等を提出します。

再審査請求

審査の届け出をし,出された審査結果にも納得がいかない場合は,再審査の申請をすることも可能です。再審査は,審査結果が出てから2ヶ月以内に行わなければなりません。

裁判所に申し立て

再審査の結果にも不服がある場合は,裁判所に訴訟を申し立てることもできます。申し立ての期限は,再審査の結果が出てから6ヶ月以内です。

もしくは,再審査の請求をしないで,裁判所に訴訟を申し立てることも可能です。