アルバイトでも労災になるか

アルバイトでも労災になる

仕事中や通勤中にけがをしたり死亡したりしてしまうことを,労働災害(労災)といいます。

会社は,労災保険に加入しなければなりません。アルバイトやパート,契約社員の人でも,正社員と同じように労災保険からお金を受け取ることができます。

労災保険から受け取れるお金

治療代や薬代

労災でおったけがの治療のための治療代や薬代は,労災保険で補償されます。いったん自分で立て替えて支払いをし,あとから給付金として受け取れます。

けがのために休んだぶんの給料

けがのために,仕事を休んだ4日目から,給料の8割(収入がなくなったぶんの補償6割+お見舞金2割)が,給付金として受け取れます。

後遺症が残った場合は年金や一時金

労災でおったけがで後遺症が残った場合,等級認定を受けると,その等級に応じて,給付金が受け取れます。

通勤中のけがの治療代

通勤中の事故でおったけがも,労災になります。仕事帰りにちょっと寄り道して買い物をして,事故にあった,という場合も,労災として認められる場合があります。

会社に損害賠償請求したい

アルバイトパートがもらえる労災保険の給付金は,正社員よりは少ないです。

正社員だったら,けがのため休んだ分の給料は,100%補償されますが,アルバイトの場合は,全額は補償されません。

「自分がけがをしてしまったのは会社に責任があるのに納得できない!」

という場合は,会社に損害賠償請求することを考えましょう。弁護士にご相談ください。